スポンサーリンク

関西の不動産事情…住みたい街ランキング(2020年版)

不動産投資

スポンサーリンク

スポンサーリンク

リクルート住まいカンパニーが

「SUUMO住みたい街ランキング2020関西版」

を発表しました。

この調査は、関西圏(大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・滋賀県・和歌山県)に居住している20歳から49歳までの男女4600人が対象となっています。

ちなみに、昨年(2019年)のランキングはこちらです。

SUUMO住みたい街ランキングの2020年・関西版

SUUMO住みたい街ランキングの2020年・関西版は次のようになっています。

 

第1位:西宮北口(阪急神戸線)→

第2位:梅田(地下鉄御堂筋線)→

第3位:神戸三宮(阪急神戸線)→

第4位:なんば(地下鉄御堂筋線)→

第5位:天王寺(地下鉄御堂筋線)↑

第6位:夙川(阪急神戸線)↓

第7位:江坂(地下鉄御堂筋線)↑

第7位:千里中央(北大阪急行)↑

第9位:岡本(阪急神戸線)↓

第10位:京都(JR東海道本線)→

 

「西宮北口」が3年連続で第1位をキープし、昨年同様、これに「梅田」「神戸三宮」が続いています。

上位陣は大きな変更はないようです。

ランキングを見て感じたこと

第1位は、関西では不動の人気を誇る「西宮北口」でした。

3年連続、安定して首位をキープしています。

「ニシキタ」の愛称で親しまれる西宮北口は、世代や地域を問わず、根強い人気を誇っています。

交通の利便性がよく、大阪梅田や神戸三宮まで15分程度で着くことができ、宝塚方面への乗り換えも可能になっています。

商業施設や行政サービスも充実しており、洗練された高級感を漂わせています。

関西版のランキングでは、当面、陥落する要素はないでしょう。

最近のランキングの特徴としては、第2位の梅田をはじめ、第4位のなんば、第5位の天王寺など、大阪の巨大繁華街が、ベスト10にランキングしている点を挙げることができます。

10年くらい前までは、これらの大都市は、商業地でした。

賑わいは見せていましたが、住みたいというイメージはなく、この種のランキングではほとんどが圏外でした。(ちなみに、10年くらい前は、兵庫県の芦屋が不動の1位でした。)

特に、2020年の順位における第5位の天王寺は、一昔前とは、完全に生まれ変わりましたね。

いわゆる「おじさんの街」から、「若者向けのお洒落な街」への大転換です。

住みたい街ランキングの順位も毎年、少しずつ上昇してきています。

さらに、注目すべきは、第7位タイの千里中央と江坂です。

どちらも、北大阪急行の駅ですが、北大阪急行の延伸に伴い、さらに、注目度が増してきたのかもしれません。

ベスト10の中に地下鉄御堂筋線の駅が5つもランキングしています。

このランキングだけを見ると、完全に都心回帰であるように見えます。

新型コロナウイルスの影響を受けて

しかし、本記事を書いている2020年6月時点において、世間はコロナウイルスとの共存を強いられています。

当たり前の日常となっていた、満員電車での通勤は「悪」とされ、テレワークが推奨される世の中になってきています。

大都市の真ん中にオフィスを構えることは、法人としてのステータスでした。

しかし、テレワークの推進により、固定費が重くのしかかる、大都市にオフィスを構える必要性は薄くなりつつあります。

自宅で仕事をする、「新しいライフスタイル」が確立されようとしていきているのです。

いわゆる「場所」という概念が、仕事上の制約ではなくなりつつあるのです。

ということは、なるべく都会に近い場所に住むという必要性も薄くなってきます。

都心から、遠いところに住んで、テレワーク…

というのが最も美しい働き方になっていくのかもしれません。

私は、不動産投資家でもあります。

関西圏にワンルームマンションを8戸ほど保有しています。

今まで、私は、不動産投資の重要成功要因は、とにもかくにも「立地(場所)」だと主張してきました。

この考え方が、コロナ禍による強制的なライフスタイルの変化により、どう変わっていくのか、注目すべきところです。

「都市から地方へ!」

来年2021年の住みたい街ランキングは、どうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不動産投資

Posted by かずきび